2007年01月23日

続三方ヶ原

はい、おはこんばんちは。
昨日は職場の飲み会でin出来ず。

まあ日曜の昼までの陣で薬師の戦果8300 コンバイン用キャラ2900と
援軍としてはまずまずお役に立てたんじゃないかなw
三河の国力も大きく回復し滅亡の危機も去ったと言って良いのではないでしょうか。
徳川家、並びに上杉家織田家の皆様、C7からの仕官援軍の方々1週間お疲れ様でしたー。

そろそろ我が上杉家も北条との敵対取れるんでないかな?
三好家も危ないですねー伊賀忍軍からの敵対入れられてる危険な状態で味方同士の不可抗力な合戦なら少しは手加減すれば良いのにごっそり国力持って行かれますね。

これで伊賀忍軍が上手く敵対取れれば早期に再滅亡も有りえるのでは?


狙われてる状態で味方から国力半減させられた三好家

武田と同盟したのをきっかけに尾張を失った斉藤家

摂津を味方に没収された雑賀衆

宿敵徳川家をあと半歩まで追い詰めながらはしご外された今川家

ふむ…
posted by 殿下 at 23:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

三方ヶ原第4〜〜

おはこんばんちは。

三方ヶ原、順調にいってます、徳川家の頑張りが凄いね
夜中や朝は負けるの覚悟してたんだけど勝ったり戦果上回った引き分けとか、聞いてみると夕方仕事から帰って速攻で寝て夜中に参戦してる人が結構いるとか… 滅亡前の三国峠思い出しました。

第4陣は徒党多かったので囮と防衛 

第5陣は奥平やら本陣鵜殿や本陣葛山に家老試験者連れて落としたりとか。

さすがに疲労のピークに達したようで集中力が切れてきだしましたけど、このまま行けば徳川家がカウンターすら取れる一方的な大勝利ですね。
モチロン国力回復の為に静観が当然ですけどねw

武将党首、囮、防衛とフル参戦だったので何やったかよく覚えてないんだけど2つ印象に残った事が、

1つは今川家が本陣防衛で馬突撃を友好に使ってる事、後続蹴られて3人で取り付きとか数え切れないくらいありましたよ今回は。
1回開幕奥平行ったときなんかは 俺だけ割れて6人で奥平と戦闘になって
馬突撃かと思いきやなんと… 先頭狙撃だったみたいです、ゴルゴがいる。

もう1つはレベル23の薬師さんによく止められた事かなー本当防衛上手い、
案外防衛で名の通ってる人のキャラだったりするんだろうな。

徳川家で囮やってくださる方が増えましたね、良い傾向だと思いました、前は上杉純正徒党で武将やる時は結構上杉自前囮が多かったんですけど今回は徳川家の勝ちたいと言う気迫が凄く感じられる、雰囲気も最高。

1つ改善して行かないとって問題がありますね、これは上杉家の合戦もそうなんですけどメイン私設に偏りすぎてすぐにバグになり党首間同士の連絡がすぐに取れなくなる件かな。
これは各自が自主的に他の私設に移っていただく他ないんだけどやはり武将党首は同じ私設に入ってないと連携が取りにくいよね。

俺も党首やってない時は第二第三私設に入る様にしてるんだけど、情報が回ってこないのもたしかです。
私設100人くらいにしないとどうしようも無いのかも知れないなー。

けど、今回の三方ヶ原でかなりの数の中老様はもとより、家老試験も毎陣3〜〜4名の方が合格され新たに家老になられてますね。

正直、今家老ってなんの意味もないんですよね、別に特権あるわけでもないし、知行の石高と永久に走れるって以外利点は見当たらない。
けど、俺の場合真面目に合戦行く様になったのは中老試験に連れて行ってもらってから、常駐するようになったのは家老にしてもらった時からかなー。

とりあえず試験に合格して本当に嬉しそうにしてる方たち見て自分が連れてって貰った時の事思い出して懐かしんでましたw
徳川家もここ半年くらいは試験どころの話じゃなかったからね。

個人的に、いつも囮ばっかりやってくださってる織田家の巫女様がもし家老じゃなかったらぜひ連れて行ってあげたいと思った。
この方いつも囮ばっかりやってらっしゃる桶狭間でも、三方でも織田復興戦でもそうだった、こう言う人はぜひ連れてってあげたいよマジで。

まあ、今日は日曜って事で時間に制限があり2名の方の試験最後まで協力してあげる事が出来なかったのが悔やまれた、次の日休みなら合格するまで連れてってあげれるんだけど;−;
またチャンスがあったら誘って連れて行ってあげないとな…

今日も早い段階で全陣落として本陣祭り始めたんだけど、いかんせんラグがひどくて開幕7人で取り付けたのが1回も無かった、これはコーエーの方の問題なんだろうと思うけどね、昔川中島に700人いた時でさえラグはこれほどじゃなかったし経費ケチってるのは見え見えだしね。

ほったらかしにしてた知行がどうなってるのか気になるけど、とりあえず後2日頑張らないとね^−^

せっかくの三好家のオウンゴール的な武田援軍封じた合戦貰ったんだし国力回復できる時にしっかり回復しておかないとね。
このままいけば次の三方には80までは回復出来るかなw
posted by 殿下 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

三方ヶ原第3陣

はい、おはこんばんちわ^−^

昨日は俺の掲示板情報少し変だったようで鯖オチする瞬間には
徳川10000 今川2800 だったらしいですねー
追いつかれる事なく1勝目あげれたようで職場で公式見て安心してましたw

第2陣はこれは予想外でした、よくて引き分けだろうと思ってたらこれも2倍勝利したみたいです、徳川家はやっぱりやれば出来る国、強い国ですな。

第3陣30分前に戦場に入りまして、徒党編成開始

ジルさん(鎧)公明さん(エセ軍楽)スズネさん(陰陽)野原さん(仙論)
錦織さん(雅楽)いずみさん(密教)ナウシカ(医術)

開幕はマダラさんの徒党と2徒党だったので中ヒナへ>>>Pでした。

次にコンバインを安倍に突撃してもらうのと同時に奥平へ>>Pでした。

春日から留さんが徒党編成して援軍連れてきてくれたのでまだ奥平落ちて無くあっちが油断してるうちに飯尾落としておこうと思い2徒党で行く事に。

案の定、防衛いませんで飯尾7ゲット>>>撃破

次に岡部行く事にして突撃>>>岡部さん囮さんに釣られて陣反対方向に走ってちゃったのでPに叩かれますが副の関口を先抜けで叩いてゲット>撃破

岡部も留さんの徒党が叩いたようなので、関口終わらせて後ヒナ落とす事に
して突撃>>>開幕4人…やはり今日もラグが敵みたいです。

なんとか徒党7人揃ったんですけど、開幕割れるとアルゴ極悪になるんですよねー。
子守やら沈黙の霧やらで孔雀切れた隙に術の嵐食らいまして直後旗に難治が直撃で負け

他の徒党が後ヒナ撃破したので本陣に行く事に
ここでもラグが凶悪で鵜殿に2人で取り付き>>出直し

本陣に入る直前に鵜殿何某が見えまして本陣の鵜殿こんな所まで飛び出してきたのかと思って叩いたら小荷駄の鵜殿さんでしたw
まあなんとか撃破しましたがこいつ6体とか7体になると極悪ですな。

次に家老試験者いるから連れて行ってあげてくれと対話が来ましてスズネさんが抜けて代わりに試験の武芸さんが入ります。
本陣軍師も含めて全て取り付いてまして周りから義元行けとけし掛けられますが行くだけ無駄ですw 弱体もしてないのに2ターンで全滅するわとw

岡部に付いてた徒党負けたみたいなので急遽やる事に、が、こいつ鬼の様な反撃と回避持ってるそうで(うちで言う斉藤様ですな)実質1アタックにならざるを得ず徐々に押されだします、吸収持ちなのでヘタに殴ると反撃で回復されますしねー
2陰陽アタックのままなら普通にいけてそうでしたけど結果的に負けました。
陣状況みると徳川18000 今川1500ちょいフリーな武将も大名だけでしたので寝る事にしました、 試験連れて行ってあげれず申し訳ないっす><

つーか今川さんは軍師の雪斎氏をミサイルに使い本陣前に飛び出させて固定してましたがこっちも雫徒党がフリーだったりしてたんで結構それってかなりアブナイ賭けじゃねって思ったのは内緒です。

まあまだ始まったばかりですのでガンガン試験もこなしていきましょうかねー。

posted by 殿下 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

ちょw って感じの三方ヶ原第一日目

いやー 一日に3回もブログ更新する事になるとはw

狐さん、なんどもなんども囮ありがとう御座います。
非はどう考えても早とちりした俺にあるのでお気持ちだけで嬉しいです。
戸川さんも、コメント有難うです、戸川さんの気持ちに答えられる様に努力していきます。

さて三方ヶ原、開幕徒党作るも微妙に間に合わず…
樋口さん(鎧)やがもさん(武士道)スズネさん(陰陽)野原さん(仙論)
くれいさん(雅楽)ナウシカ(医術)の構成で完成。

開幕から少し遅れて奥平へ…Pでした。次に中ヒナ…Pでした。

次に奥平取っておきたかったので奥平7へ>>ゲットで撃破

次に飯尾に行きます>>副将の関口7ゲットで撃破

次に後ヒナに行きます>>>ゲットしましたが鍛冶割れ、救援貰うも立て直せず壊滅。

稼動全徒党で後ヒナいきますがラグがひどく割れまくりです、まああちらの防衛の人も苦労してるみたいでPが5〜6人固まってる地点でもスルスルと抜けていけますね^−^;

後ヒナの副落ちたので、ヒナが5体になり再度取り付き成功、、が4人…
これはまた出直しかと思ったけどすぐに全員入ってきまして勝利を確信しました。


後ヒナ戦闘中「全体治療」と言った後5秒後に現れる文字…
こりゃ蘇生とおりまくってすぐに7体になるなと思いましたがまあなんとか負けは無いだろうって所まで押し込んでいきます
このまま後ヒナ落として本陣総突撃でこの陣貰ったなw と思ってたら…
突然会話ログが出なくなりそのまま鯖落ちしましたとさ;−;

徒党の皆様、そして戦場に居た全ての方々、お疲れ様でした^−^
また明日も頑張るからねー、絶対に勝とう
ちなみに落ちる瞬間見た戦果

徳川7889 今川2880
こっちの取り付き俺らいれて2箇所 取り付かれ2箇所で6時間コールドは微妙なラインだったけど、徒党の皆が「我が軍は圧倒的に優勢です」のログ見たの何時以来だろ;−;って喜んで?くれてたの見て援軍来てよかったなーって思いましたね。

戦場に徳川家だけで150人 上杉織田いれると300人超の味方の数、
雫徒党もフル稼働してくれてるし、時間は掛かっても徳川家に初戦勝利させてあげたかったな;−;
posted by 殿下 at 22:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お詫びと訂正…

えー 昨日怒りに任せて頭に血が昇った状態で書いたブログですが訂正させて頂きます。

また、御本人さんには深くお詫びさせていただきます。

証拠も無いのに聞いた話だけで疑って決め付けてたのはたしかに俺も同じだったです。

これでは確かに徳川家の陰口云々言う資格は俺にはないですね、本当に早まった真似したと反省しております。
また間に入ったお二方にはこの件でお心傷められたそうでご迷惑をお掛けしました
深くお詫びとお礼を言いたいです。

最初からこう言っておけばよかったんですけど、俺は貴方を晒したりはしておりません、それまで貴方の存在すら知りませんでした。
ブログ見て嫌いになったのは事実ですけど言いたい事があったら直接言います。


けどお互い意見や考え方があわないのも事実なので今後関わりあわない方が良いとの忠告を受け入れそう処置させて頂きます。

最後に対話くださった方へ、聖人君子ならぬ未熟者ですのでこんな失敗を多々やる事があります、今後ともご指導お願いします貴方と今日会えて話せて本当によかったと思います。
俺がログインするのを春日山まで来て待っていただいて本当に有難うでした、いつかこのご恩はお返しいたします俺に出来る事ならば。

また昨日のブログ見て不愉快に思われた方がおられましたら申し訳ありませんでした、以後注意いたします友人の方々へのコメントのレスは陣の合間にでも書かせていただきます。



では徳川家への償いする為に三方ヶ原行ってきます。



posted by 殿下 at 18:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三河死守戦前夜、 それと…

はい、おはこんばんちは^−^
いよいよ明日からの三方ヶ原が、いやもう今日か…
 
友人の陸1クリアをお手伝いしにいきましたが、やはり高レベル武士道の性能は桁違いですね、本当そう思った真面目に育てねば…

その後、稼動できる全キャラに合戦準備をさせ、徳川キャラなナウシカは完全武装させて岡崎へ。
岡崎も合戦前夜と言う事で大声が飛び交ってて活気があります。
俄然俺もやるきがみなぎってきました、上杉の皆も張り切ってくれてると信じてます。
とりあえずたった1週間です、みなさん頑張りましょう。

と思ってたら、俺の友人の1人から対話が来まして超凹む事を聞かされました。凹むと言うか超ムカツキますね!!

本人と対話しようと思ってずっと検索してたんですけど教えられたキャラ名がログインしておらずとうとう今日のうちに対話出来ませんでした、どうやら本人も俺のブログ見てる様なのでまあ、此処に書いておきますわ。

自分の中の合戦に向けて上がってるテンション削ぎたくは無いんで今は我慢しますが合戦終わったら直接本人と対話しますわ、会話ログも全部記録してここに張りますんで逃げんなよ!

自分の思い込みで適当に目星付けて疑って、噂ばらまいて他人貶めたんだからそれ相応の覚悟はしとけよ。

PS 俺の友人に対話くれた人へ…貴方の心づかいは友人から聞きましたどうも有難う御座います、また色々と俺の疑い晴らそうとしてくれたそうでお世話になりました、あとは直接本人と対話して自分の汚名は自分で晴らしますので貴方の友人にも逃げない様に言っておいてください。

トコトン追い詰めてやるからな。


まあ、三方ヶ原頑張ろうぜー^−^ 皆!!


posted by 殿下 at 00:55| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

上杉評定

はい、おはこんばんちは^−^

土曜日半日出勤後帰宅>>夜中の2時まで爆睡、起きたら映画見に行く約束してた彼女が般若のお面つけたみたいな顔して座ってました;−;

夜は試験で三河行ったらたまたま会議やってたのでついでにしばらく見学させてもらいました。

内容は割愛 個人的には嬉しかったかな、心が折れてなければ、血が熱いうちはまだ戦えますよねほんと。
んな弱気な顔するなよ、まだ十分戦えるはず!! 本当に国民全員が戦う気があるなら上杉家の皆は幾らでも手を貸すのに… 
そう何時も思ってましたから。

1つ気になった発言が徳川の人が自国の議長団に「あのー会議も12時にはちゃんと終わる様にしてもらえませんかね?」
ごもっとも、いかにもごもっともなんですが、議題が議題だけに仕方ないだろ、自分で司会やってみると解かるんですけど司会者ほど時間気にしてハラハラしてる人は居ないんですよ。

あぁ もう10時になった献策も話し合わないといけない;−;
あぁ あの議題も今日話し合って返事しないといけなかった;−;
あぁ もう11時だ やべーよ;−; まだあれも決まってない;−;

って具合にね^−^; まあこれは司会者が経験積んで行って無駄省くしかないんだけどね。
1年半くらいやってるけど どっちかと言うと上杉の場合俺が慣れたというより会議参加してくれる皆が俺のペースに慣れてくれた事の方がデカイと思う。
いっつも誰かがフォローしてくれる、グダグダになりそうな時は誰かがまとめてくれる、何時も誰かに助けられながら司会やってるんですよ。

時間内の終わってください、それもごもっともしかし参加してる他の参加者も協力しないと無理なんですよ、司会から見ても中立って意見の人が一番困るんです、大抵会議結果に文句言う人はこの中立派なんですねー。

「意見が出ない様なのでこうしようと思うのですがいかがでしょう?」
この時に上杉では「賛成!」「異議なし!」 これ言ってくれる方々が何人もいます、これ言ってもらえるだけで司会者は自信持って先に進めるんですよ? 
まあ、注文つけるんなら徳川の会議参加者の人も議長団に協力してあげてください、自分の国の会議なんですから。
無関心は反逆、退廃の温床なのですから。

つー事で日曜日、朝8時に起床、少しPLやるもいつの間にか寝オチ;−;
起きたら夜の7時でした;−; 何時間寝るんだと!! 

徳川家から使者が来られるとの事でしたので告知、通常は使者の方と打ち合わせやるんですが今回はあえてやりませんでした。

使者に来たお二方、俺の徳川での固定徒党の方で徳川の超主力と言って良い戦場常在なお二人です。(誰が来るかまでは知りませんでした)

会議始まって、徳川使者様発言後質問の時間を設けさせてもらったのですが、意見が一杯でまして、急遽フリートークにさせて頂きました。
はっきり言って戦場常駐なお二人に合戦来ない人への対策や質問や注文やクレームつけても仕方の無い事ばかりでしたが、お二人とも真摯に受け答えして頂きました。

これが上杉家国民が感じてる、思っている、溜め込んでいる徳川家に対する偽らざる意見です、けどね徳川が好きじゃなければ誰もこんな意見言わないんですよ。

あまりにも可哀想だったので少しフォローしとこうと思って使者様に対話いれた所逆に「岡崎にいる合戦来ない人達に上杉家がこれだけ徳川家の事思っててくれてるのを連れてきて聞かせてやりたい」
「自国の会議ですらこれほどはっきりと言い難い事でも言って貰える事は無い、有りがたいと思う」とのお言葉が返ってきました。

このね、上杉国民(俺も含む)が抱え込んでる不満を洗いざらいぶちまけない事には援軍もクソも無いんですよ、そう言う意味での膿出しを一度やるべきだと思ってました常々。

会議中、俺に上杉の人数名から「何これ?徳川に文句言って袋叩きにする為の会議ですか?」「殿下、これなんで止めないの?使者に言っても仕方ないのに」等対話もらいましたが使者の仕事の1つにこれがあるんです、俺も他国の使者に言って罵声浴びせられた事が多々あります。

けど上杉国民は求めるだけではありませんよ?言うだけ言って自分の中に納得できるだけの答えを見つけられれば後は行動あるのみだと思ってます。

上杉家全軍を挙げて次の三方ヶ原行ってみようじゃありませんか、それで徳川家が何も変わってなければそれはそれでその時考えれば良い。

徳川家は戦う意思を示してくれた、次は我々がそれに答える番でしょう。

この会議が始まる前にですね、上杉家の防衛神海鮮系の巫女様から引退の挨拶を頂きました、引退して行かれるのを引きとめようと話をしていたんですけど逆に俺の方が励まされました、「殿下のブログ読んで少し皆と話をしたけど皆考えは殿下と同じだよ、同じ事思ってるこれからも自信持って自分の思う様にやって行って欲しい」と…

三毛さんからも対話もらいました、「ブログ読んだ、心は同じだぞ」と…
会議直前に佐々木さんから「頑張れ、大変だけど頑張れ」と…

色々な人に支えられてるんだよなー俺…
俺が皆を支えないといけないのに、自分の力だけで上杉家を切り盛りしていけてると勘違いしそうになる時あるのよ、けど実際は色々な人に支えられてるからこそやれてるんだよね。 勘違いするな俺!!

徳川家にも上杉家の支えが必要なんじゃないのかなと… 今だけは…
兄弟国なんだから厳しい事もドンドン言って良いと思う、冷たくする事もたまにはあるだろう、けど今必要なのは強く後押ししてあげる事なのかなと…

あまり臭い事書くと、ガラじゃないんでこの辺でやめときますw
とりあえず水曜からの三方ヶ原上杉の総力を挙げて望みましょう、みんな徳川家に力かしてあげてくだされ!! 

1に挨拶、2に挨拶 3に合戦はハートでやるものです!

これで行きましょうw 




posted by 殿下 at 00:47| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

両替心理学? グダグダ富士狩り

はい、おはこんばんちは^−^

部屋の掃除してたら昔貰った大学の心理学の参考書が出てきまして読んでみると、面白い事が書いてありました。

例に挙げてあるのがまさに信onの両替に当てはまるんですよね 3つの部屋がありそのすぐ前は大通りに面している様な状況でモニター120人に各自好きな場所へ移動してもらってそれぞれの傾向を調べて見た結果だそうです。

それ読んでるうちになるほどなーと思ったよ、俺は普段春日山両替の一番奥に生息してます、ちょっと昔まではこの場所を使う人は少なかったので快適に荷物移動なんかやれてましたが最近はなんか一番奥も混みだしてます><

前はこの一番奥は俺と留さんとライガー以外はスーパー仁王な僧兵さんや風岡一族や風月一門くらいだったかな生息してたのは、今はかなり多いですw

さっきの心理学に当てはめるとこの両替生息ポジションも凄い笑えます。

ここで書く前に、俺なりのデータを取るためにしばらく検証してみようと思ってますw
当たってたら後日、各両替に集まる人達の心理傾向なんかを書いてみようかなと。


さて、昨日はもうメンドイので放置してたクシャナ素鍛冶の断片とアスベル鎧鍛冶の赤土クエの為に富士行ってきました。

よじろーさんに有り得ない攻撃力の単発鉄砲を作ってくれと製作依頼を出してたんですけど、なんと攻撃力160と言うステアーAUG並みの破壊力の国友筒を頂きましたので果然やるきが出てまいりました。
今上杉家ではよじろー印の鉄砲を持つ事がトレンドであるとか無いとか…
しかも3連銃と違って弾気にすること無く戦えますねーw

つー事で春日に居た人に片っ端から声を掛けてみる、よじろーさんも湧いたので「あんたの作った鉄砲のせいでやる気が出てきたんだから責任取って断片手伝え!!」と丁寧にお願いして快く引き受けてもらったのも忘れる事は出来ません!!

出来た徒党は、アスベル(鎧)姫(仙論)源ちょん(古神)よじ(鉄砲)
みとしさん(医術)よじ(素僧:寄生虫)クシャナ(素鍛冶:寄生虫)

現地に着き丹を飲んでまずは赤土ゲットの為に使いと戦闘開始
当たり前の事ですが敵は開幕詠唱の韻をやってきます。

?−? ???…「あのー、、この徒党誰が看破するの?w」

ちょw 徒党内大爆笑です、たしかに看破いませんねwまあ呪縛でお願いしますって事でゴリ押しするも土でず。

次行って見よ〜〜〜と先に進むも敵に絡まれます、相手全員初期罰当たり付

?−? ???…「あのーこの徒党誰が結界破るの?w」

もうね吸収もらって殴りでおkw こんなグダグダ徒党知人以外で作ったら
どうなる事やら…

途中源神が死にまくってました「ちょw ダッセー富士ごときで死ぬなよ」
とか思ってましたが、盾は一体誰なんでしょうね^−^

んで3戦目にしてやっと赤土ゲット この時点でビール4本目でしたのでかなりチャット打つ手元が怪しくなってきまして誤字だらけ…
珍しい敵を味見しようと@1丹やる事になったのでビールを調達しに台所へw
看破無し破り無し徒党で地獄婆やって死に戻りを予定してたんですが普通に勝ってしまい、結局2丹まるまる狩り… やかましく弾むエロ変態徒党会話…
オイオイ…みとしさんがドン引きしてるだろ!!お前ら^−^;

つかね、ホストに散々イジられました!! 上杉家ではクールな奴で通っている俺をイジりキャラにして下さったのは過去にも未来にもあんただけでしょうw

で、肝心の断片ですが三椏が1が@1枚 5が@1枚と残念な結果に終わりましたとさ;−;蜃気楼か金山にでも行こうかね…
誰か連れてってくれる心優しい人居ないかな?−?居ないかな?−?

春日に戻ると、留さんが明日明後日はログイン出来ないので会議宜しくとの事、まあ特に何も無いしね。
それより2月に予定されてるオフなんだけど、、日曜夜に評定衆がゴロっとログイン出来ないんよね 考えて見ると。

入れるのは菜央さん、ロマさん、六さんだけ、菜央さん初司会ガンガレ^−^

来月は2/3,4の湯布院旅行を皮切りに京都オフや何やらで週末は全部埋まってしまいました…まあ、仕事関連の旅行は接待なので金はあんまり使わないのですが、、、、

どちみち合戦なんかフル参戦出来る状況じゃーなかったなう。
青色申告、確定申告の時期もせまってきてなんやかんやと仕事も忙しくなってきそうな感じだしねw




posted by 殿下 at 20:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

C7会議とか色々

はい、おはこんばんちは。

昨日は徳川議長団から召集令状が来ましてC7緊急評議会がありました、
足利家の議長さんが例の有名人さんと交代になったみたいですね、とりあえず就任ご愁傷さ… いやおめでとう御座います。



C7会議の内容は持ち出し禁止事項が多々あるけど差しさわりの無い事がらだけ書きますと言いたい事が伝わらないので書きます。


徳川家が滅亡を前にして2つに割れてるとの事で1つはC7から仕官援軍を貰って徹底抗戦派

1つは、仮想敵対2つでユートピアを選択して国力をとりあえず回復させるという事らしい

会議冒頭でいきなり某国議長様から当家からの援軍が行かない事が徳川家のピンチを招いてる原因であると指摘され当然予想してましたし、留さんが切れかけてくれたお陰で俺個人としては冷静になれました、言いたい事があったので当事国である徳川議長団の方々に色々意見を言わせてもらいました。

つーか当事国以外の国の議長から文句言われるのはおかしいんだけどね、自国は同盟国の合戦に100%参加してるのかと言われてyesと答えられる国なんて無いはずだしね。

はっきり言ってですね、ただの延命措置にすぎないです仮想なんてのは。
両替前で会議やるなりして普段合戦来ない徳川の方々に両替前で会議やってでも滅亡の危険を説明し参戦してもらう 戦力の立て直しですよ
議長団の首を掛けてでもやるべきでしょう、俺ならGM呼ばれるまで大声告知やりますよ、復興戦の困難さとまだ盛り返せるチャンスある事も説明します

受け皿となる当事国の参戦状態があれでC7の仕官援軍なんて求めても、来た次の日には呆れて出て行きますよ?



斉藤家に狙われていた朝倉家を仮想で避難させた時とはまったく状況が違います、朝倉家は何倍もの人口を誇る群雄屈指の大国と戦ってたんですよ
相手と互角に戦う戦力が無いのに座して死を待つのはただの馬鹿です、朝倉家の場合はやむをえない避難だったと思います。

だけど徳川家は戦う戦力、正確には潜在戦力があるのに出し切れてない。
仮想で避難してる間に合戦来ない人達に呼びかけて戦力の立て直しを計る?逃げて参戦率あがるかボケ!逃げて合戦出てくる気になる人間が何処にいる?逆に今頑張ってる合戦継続派の主力が参戦しなくなってジリ貧になる方が先だよ。

と思ってたら、議長団の方々は状況をちゃんと理解してらっしゃる。
上杉が援軍に行かなくなった理由も理解してくださった、また上杉家と徳川家の間に出来た溝を埋めてまた以前の様な親密な関係を築きなおしたいとおっしゃってくださった。
逃げたら今の北条家の様に人口流出があいつぎやがては見る影も無いような小国になる危険が大きいってのもちゃんと理解してるみたいで安心はしました。

長年、徳川家と同盟関係にあり信頼も双方深いものになってる当家の国民ですら呆れてそっぽ向いたんですよ?合戦中狩りに行ってる徳川の人に。
まだ浅い繋がりしかないC7同盟からの仕官援軍がそうそう滅私奉公的な考えの人ばかりとは到底思えない。

織田家の復興戦も当事国の織田家PCが参戦せずに狩りなんて行ってた日にはみんな呆れて帰ってたのは間違いないですよ。
織田家自身の頑張りがC7仕官援軍の胸を打ったからこその勇戦でしょう。

徳川家はちゃんと参戦してくれれば今までにゴールデンや土日では今川家を圧倒してきた実績があるじゃないですかと…

色々と各国議長団から前向きな意見も出て仕官援軍に向けて前向きな検討が計られて少し希望が見えてきて、俺も徳川家が本当に滅亡が掛かった次回だけでも大多数が参戦してくれてまた戦う気概を、座して滅ぼされるつもりは無い必死に抵抗するというやる気を当家国民に見せてくれるのなら俺は上杉の皆に土下座してでも援軍来てもらってその姿を見てもらうつもりと発言しました。
上杉の皆も徳川家には恩に感じてるのは間違いない、徳川に愛情があるからこそ参戦せずボロ負けしてる現状に余計に腹がたつんだと思うから…


が、しかしそこまで前向きに進んだかに見えた会議でしたがある国の議長さんが初歩的な質問をした所、もうC7評議会に持ち込む前に仮想で避難する事が徳川会議で採決を取って可決した後なんだそうです…

つーかね、会議の議決は絶対ですよ?一度採決を取って決めた決定を簡単に覆してたんでは誰も会議来なくなっちゃいますもんね。

俺個人としては、小手先の小細工じゃなくてもう一度徳川家全員で一致団結する為にも戦って欲しかった…今の溝があるままの状態ではもしも滅亡したとして強大な今川家相手に復興戦を戦えるだけの戦力を上杉家からも出すと言うのは夢のまた夢ですよ…

上杉家がなんで群雄でも屈指の自国参戦率を持っているのか?
なぜ国民皆兵の半ば徴兵制度とも思える様なモチベーションを維持したまま国として崩壊していないのか?
それはひとえに過去に滅亡する瞬間まで戦い抜いたからではないかと俺は思ってます。

武田家は相変わらず質、量ともに群雄最強国家の1つだと思ってます、何故か? それは過去に一度も逃げてないから…
上杉が戦力が一番充実してた時の川中島でさえ全敗しながらも一度も逃げたりはしなかったのは誰でも知ってるでしょう。
その後、参戦率を上げる努力をし上杉と互角以上に戦えるようになりその結果当家から停戦を申し込みをさせるまで状況は好転しましたね。

斉藤家もそうでしょう? 桶狭間であれだけ全敗しながらも徐々に参戦率があがり最後には上杉と互角に戦えるまで状況を自分達の力で変えていきましたよね。
たしかに武田家には将軍がいた、斉藤には玄徳氏がいた、けど徳川にもいるでしょう?
居ましたと言うべきか、今は今川家所属となってる方ですけどね、出ていかざるを得ない状況にしたのも徳川自身。
上杉から徳川家に行ってた士官援軍の人達が出ていったのも徳川自身にも責任はある、どれだけ負けていてもそれを理由に出て行く様な人達じゃないのは合戦来てる人ならわかるはず。

過去に徳川家が滅亡のピンチを迎えた時になんどか回避する為に救世主が現れた、今浅井家におられる夜蛇カラス氏、うちのブリジットさん、けどね滅亡回避できた最大の理由は普段参戦しない岡崎住民の方々が戦いに加わったからだと俺は思ってます。

徳川の為に一生懸命頑張ってる人への陰口にしてもそうだけどね、どんなにコソコソ言ってても本人には何処かからか伝わるのよ、俺にもご丁寧に知らせてくれた人が何人もいます、他国の主力級の人達が何故徳川には長くいてくれないのか?すぐに出て行ってしまうのか?バレない訳はないだろと
少しは考えてみたらどうですか?
今度は誰追い出すの?そのうち誰も居なくなるよ…1人で合戦やれんのか?

俺が俺が、いや私こそが、も良いですけど一部の人のその醜い行動が徳川家全体の評価ととられてしまうんですよ、馬鹿馬鹿しいけどね!!
なぶり殺しの様な敗戦の中、それでも必死に頑張ってる人の努力を全て無にする行為なのに早く気がついて欲しいね。



もうね、徳川家の事はブログには書きません!!これ以上何も言いません!!これを最後にします。

仮想敵対が上手く行く事を願ってます。

長くなりすぎてしまったな…

まあ、上杉の評定衆なんだから上杉の事だけ心配してろって事だな。
要らぬおせっかいはもう終わりにします。

けどもう一度皆が1つになった、俺が仕官してすぐの頃の素晴らしかった徳川家に戻って欲しいって思う気持ちは何時までも変わらないと思うよ。










posted by 殿下 at 01:38| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

上杉評定&三国峠

はい、おはこんばんちは。

昨日は三国峠に顔出してきました、留さんと中身2人の5キャラ徒党でらっぱや御相伴衆なんかのNを食べまくり薬師以外のほとんどの上級目録をゲットしてきました。
んで、上杉主力徒党が奪還に動くとの事で先奪還は任せたとの事なので2人5キャラ徒党で伊東、風魔小太郎をやりました、小太郎の時は誰も救援に来れるような人数の余裕無くひぃひぃ状態でしたが最低限の仕事は果たせたかな。

んで今日は親父の17年忌の法事、親父が死んだのは俺が14歳の時だったけど早いもんです。

25歳からはあっと言うまだったな30になるのが、30からはもっと早いって言うしね。

それはさておき評定の後にコウさんが宝玉の作り方、使い方の講習会をやって下さったんだけどもうね、バッチリ理解できたw 
つーか奥が深すぎだよ宝玉…
いっぱい質問して答えてもらったお陰で宝玉に関する疑問が全部吹っ飛んだw
私財を投げ打って実演会までやってくださったコウさんには本当に感謝ですよ!! 

つかね、会議参加者よりその後の講習会参加者の方が多いってどういう事やねん><

自分達の国の行動、指針なんだから自分達で、上杉国民全員で話し合って決めていこうじゃないの。

家老じゃないから意見言いにくいとかさ、そう言うのは一切無いと思うんよね
本当に貴重な意見なら皆で議論していくしね、もし今の評定衆だと意見が出しにくいとかあるんだったら何時でも不信任動議出してもらって結構だしドンドン会議に参加して何でも言い合える上杉家を作って行こう。

んで、会議後はそのまま会議参加者で三国峠に開幕に乗り込もうってなって
武士道を本願寺に移籍させます。

猪俣のコンバインに入り倒した後はほぼその時の面子のままの武将徒党へ、
何気に一緒に徳川家に仕官援軍として行ってた人達でランキング常連な方々まで徳川から本願寺にキャラ移したのには驚きでしたが…

で、先2つ落とした後この地形のあちら側のウィークポイントである中後の綱成7体にダイレクトで行ってルート確保する事になりまして2度目で戦闘開始


北条の後ろ武将なんて1年ぶりくらいかな、懐かしさがこみ上げてきますw

戦闘自体は今更後武将7体に苦戦する様な面子ではなく危なげなく倒して行ったのですが俺の純粋盾としての武士道の動きに無駄が多すぎたかなー
徒党の人はよかったんじゃない? 凄く安定してたよと言ってくれたんですが知力装備でサブ盾としての経験しかなかったので色々と自分の粗が見えてきましたw 蘇生持ちの頭抑えそこなったのが2回ほどあり蘇生が来なかったのはただのラッキーに過ぎなかったしね。

それにしても本願寺家の合戦は雰囲気があいかわらず良い、俺自身も本願寺は1stの故郷であり武芸や薬師で1年ほどお世話にもなった国ですので、すぐさま溶け込めるところもまた居心地が良い。

援軍へのケアなんかも驚くべき徹底さですね、辻修理や霊石配布、転生などもまったくお願いすらする必要の無いフォローぶり

上杉もこう言う所は大いに見習わないとね、一部有志に頼ってる現状ですからね上杉は。
何より私設が挨拶が飛び交ってて気持ち良いねw。


posted by 殿下 at 02:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。