2007年02月24日

今更ながらオフ個別〜〜その1

はい、ばんばんこー^−^
もう10日くらい知行ログインのみですがようやくお持ち帰り資料との戦いはケリが付きました。
本格的復帰にはまだ2週間くらいかかりそうですがとりあえず無事に生きてますんで信書や対話くれた方御心配ありがとん^−^

鎌さんも入れない間の外交の仕事押し付けてしまって申し訳無いっす。

エノアさんのブログからオフ会写真ダウンロードしてイザ見ようと思ったら解凍パスが必要みたいでエノアさん捜したんだけど居なかったので姫に聞いてみる。
ハイ、普通に見れません><

解凍ソフトの問題かなと思って諦めること1週間、知行ログインすると天野さんから「見れた?」との対話…
普通にパスが違うやんw 姫!!
天野さん、、サンクス!!

んで今更だな〜〜時期逃したな〜〜と思い書くのやめよと思ってた個別ですが写真見てると楽しかった時間を思い出す事が出来まして少しづつ書くことに。

順不同、思いつくままに素直に書きますので苦情はよじろーさんか源にでもお願いします^−^


【天野さん】
超イケメン、最初のすけの名札付けてらしたんで「やべー、のすけ格好良すぎw」
とか思っちゃいましたw誰かに似てるんだよなー@@とか思ってたら恋歌さんが「氷川きよしに似てるよねー」と…
うんむ、ソックリである。
性格もおおらかでゲームでのクールな印象そのままにリアル天野氏には気遣いと優しさがブレンドされている…そんな印象受けた。
彼には意中の人がいるそうだが、その隣のお姉さんのフラグ立てる為の作戦を上杉家軍師であるこのワタクシめが考案したのでぜひお試しあれと進めてみる。

@隣の家の玄関先に仁王立ちし、ピンポンを鳴らす。
A「ハーイ」と出て来た所にすかさず「隣の氷川きよしです!」
B唖然としながらも出て来たお姉さんの前で【ズンドコ節】を熱唱!!!!!!!!!! 
Cするとお姉さん「まあ、素敵なお方黒ハート

この作戦を本人に伝えたら「普通変質者と思われて警察呼ばれますちっ(怒った顔)

と冷たく却下されたのは言うまでもありません;−;


【花田留吉さん】
信on始めた時からの親友、お互い1st習得時代からずっと一緒に居た刎頚の友であり、固定嫌いな俺が昔一度だけ所属してたチーム「ヘタレ団」の頃からの友人で上杉にとっても無くてはならないペースメーカーであり牽引車的存在
この人がノリノリの時の上杉はマジで強くしかも纏まってます。
リアルで会って色々話すつもりだったんだけど会って握手した瞬間なんか話さなくても解かり合ってしまいましたw
つか常に一緒だったからねw
まあ、想像通りの方でした、まんま良い人、だけど芯の強さはなるほど留さんだ!
と思わせる人だが嘘の付けない正直さもまんまゲームそのものですねw
俺の知る中で3本指に入る超上杉ラブなお方です。
昔から上杉は忍者主導の国と言われてますがその通りかな。
まあ、オフ終わってからログインして5時間くらい二人で語り合いましたが@@ 
会った時話出来なかったからね^−^;

まあ、こんな感じで俺の偏見と独断で辛口も交えて書いていきますので書くな〜〜って方はお早めにAかB…失敬…
よじろーさんか源まで^−^
posted by 殿下 at 22:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

京都オフ(オフ会編)

はい、おはこんばんちは。
仕事が忙しい時期に無理やり京都オフに参加したツケが回ってきまして知行インすら無理な状況に苦しんでおりますw
インしてても、家でエクセルとにらめっこな状況ですので狩り等無理っぽw

京都オフから帰ってログインするとなおさんから「ごるぁああ、テメエが京都行ってる間に徳川ボロ負けしてんじゃねーか!!今からでも逝けよクズ!!」
とお叱りを受けましたが、脳内社会人な何処かの国の人が羨ましく思えるほどリアル忙しいですので合戦なんて無理w
3月中盤になればひと段落するだろうからそれから考えます。

さて、長らく放置してた京都オフ編ですがやっと書けます、と言っても3時半から現地検討会でまた仕事ですので個別は帰ってから上杉評定の合間にでも書きますw

ホテルに帰って風呂入って、パンパンに張ったふくらはぎを彼女にマッサージしてもらいつつ時間来るの待ってますと集合時間忘れた事に気が付き留さんにメールするともう時間ですよと…

慌ててタクシーに乗り込み一次会会場へ、エレベーターに乗ると何処かのヤンキーなお方が乗り込んで参りましてお互い沈黙な嫌な空気の中3階へ。
その方も同じ3階で降りましたw 黙って後ろから付いてくと目的の店に入っていきます、ほぼ2人同時に店の人に「あの、上杉で予約してあると思うんですけど…」 お互いを驚きの目で見る2人、何時しか二人の心は繋がっていましたw
さっきのエレベータでの重苦しい空気は何処へやらとりあえず挨拶を交わします、もちろん名前は後の楽しみでw

案内された席にはもう人が一杯、しかも見るとかなり年配の方やらイケメンな兄ちゃんらがゴロゴロ、やべ部屋間違えたなと一回部屋でたのに気が付いた人は居なかったでしょうw

いや、もっとオタクっぽい集団イメージしてまして^−^;
とりあえず先ほどの方の隣に座り後ろのテーブルの話にこっそり聞き耳を立ててますと、、、、

「殿下誰?w どれが殿下よ?w」「ねね、あの人殿下?w」
「殿下ってあの人?w」「いやこっちの人殿下っぽくね?w」

もうね、お前らうるさいw(特に源) 緊張してきたじゃねーかw

えー、今回のオフの主目的上杉家が誇る3美人の真相を確かめる為に参加したんですが皆のブログに可愛い可愛いと書かれてるのは社交辞令であって本当はキモオタ系なオニャノコを想像してましたががggggg 

席に着くとすぐ受付名簿もって「えっと誰?w」と聞いてきた美人なおねーさん!!
チビまるこちゃんカットが素敵なこの女性は一発で解かりました(ふむ、これが姫か、、、カワユス 年齢不詳な魔性の女と今度から呼ぶか)

そして席に着くと目の前にキャピキャピな女性が2人… (ちょwヤバスw)

2人の小声が聞こえます;−;「殿下誰だろうね?w」
ごめんなさい、貴方方の前にいる震える手でタバコ吸ってるオッサンですw

自己紹介が終わったら名札を着用する仕組みみたいですが後ろのテーブルに「鍛冶の助」の名札つけた痺れるようなイケメンがいまして、それ見てヤバイ!!のすけ格好良すぎ!! 今度あったらのすけさんと呼ぼう… なんて思ったのもつかの間のすけは本日欠席だそうでw よく見るとうっきーの名札つけた兄ちゃんまで居ましたw ビックリした、、、

留さんの乾杯の挨拶ならぬいきなりの締めの挨拶から自己紹介が順調に進んでいきますと反比例する様に緊張の度合いが高まり
(これは早く酔っ払わないと挨拶どころじゃねー;−;)
と思いビールをガブガブ飲みますがみんな自己紹介に夢中で誰も俺にビール注いでくれません!!w
すると目の前にいるカワイ子ちゃんがお酌してくれます^−^
調子に乗ってガブガブ飲みますと左となりにちっとまん丸した男性の方が座られペコリと挨拶を交わします。

まあ、俺の自己紹介何言ったか頭まっしろで覚えてませんがみんな店に迷惑なくらい盛り上がってくれたのであれでよかったのかな^−^;

すると俺の右となりは良く狩りで組む全身W涙装備な廃武芸「堀井さん」である事が判明、握手しながら昔話を始めるも俺の左となりの方の自己紹介がスルーするにはあまりにも…
「猫屋敷です^−^」(ガビーン!!)

はい、この大先輩な猫屋敷さん、誰が呼んだか俺の上杉家での天敵であり、犬と猿、水と油なんだそうです^−^初めてしったよボクw
 それが隣同士に座ってたってオチにみんな盛り上がってました
(ケッ!!)
まあ、これを機会に仲直りしまして堅く握手を交わしましたのでこれからの上杉評定は平和な光に満ち溢れている事でしょうw

俺の目の前にいる女性2人の自己紹介がまた度肝抜かれましたねw 
1人はあの廃人恋歌さん!! どう見ても二十歳そこそこの可愛い女の子… びっくり仰天!!

1人は声優ばりのアニメ萌え声で関西弁を操るエノアさんでした
自己紹介に一人で萌えてましたオジサンw カワユスw

このオフでは外交や国勢の事は話さないでおこうと思ってましたがいつの間にか俺の周りが国勢討論会になってまして特に前上杉評定衆安倍さんなんかと熱い議論になっちゃいまして…
「殿下!!なんで武田とやらないんだ?やろうぜ」
「2chで煽られて悔しい〜〜〜;−;」
等、意見ぶつけられて俺もちっとエスカレートしましてw 

けどここで受けて立つと武田の思うツボで喜ばせるだけなんだよねw
武田斉藤同盟組んで群雄膠着させた張本人が合戦相手がいねーとか自業自得以外のなんでも無いw
都合の良い時は上杉に停戦申し込んで来て合戦相手がうちしか居なくなると停戦破棄して宣戦布告、んなもんに付き合う義理はないねw うちが相手にしない事があっちが一番悔しいってんなら相手にしないで放置してたいね。
面白大国バリアどっちか切ってから出直して来いとw
勝手にユートピア満喫してもらえば良いんじゃね?w

まあ、安倍さんとかには話したけど俺武田戦は反対じゃないよw
上杉のみんなの意見がそっちで固まるなら俺はやっても良いと思う、困るのは北条攻め派と武田迎撃派に分かれたままどっちかと開戦する事だけ。つまり今の意見割れてる状況と徳川とギクシャクしてる状況は何処かと開戦する準備が出来てるとは思えないから反対してるだけw
うちが援軍行ってないのに徳川の援軍期待してどこかと開戦するのは余りにも都合よすぎると思うしね^−^;その考えは上杉も自己中過ぎるから今後関係改善する方が先だと思う、自国合戦云々よりもねw

まあ、そのままの勢いで2次会、3次会に突入して京都にいる元職場の同僚と飲みに行ってた彼女がホテル帰るとメールして来たんで俺も頃合見て撤収しましたw

3次会が3部屋に分かれるとは思ってなかったからあまり話しできなくて残念でした、次は大阪オフきぼんw
広島か山口でもいいねw

まああれだ、幹事のお二方本当にご苦労様でしたw


リアル仕事の会議から帰ったら個別感想書きますかね。


posted by 殿下 at 14:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

ちっと中休み

はい、オフ会感想を今日書こうと思ってたんだけど
仕事の会議後そのまま飲みに行ってたった今帰ってきまして
吐く寸前のグロッキー状態なんでまた明日にでもかきま
posted by 殿下 at 00:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

京都オフ(京都探索日記編)

はい、おはようかな。
12時間くらい爆睡でしたよ 強行軍だったからね…
長くなるからまずは京都観光から

10日(土)
7時起床準備して彼女の運転で空港へ
1時間前に付いたけどレストランで朝飯食ってたら搭乗時間ギリギリでしたw
50分ほどで伊丹空港へ>>高速バスに50分揺られ京都駅へ
地下鉄を乗り換えて京都市役所前で下車
地下鉄駅にエレベータが有ってそのままホテルオークラのフロントに繋がってました… 地下鉄の真上にホテルがあるんですね…

叔父が数年前まで西部グループの役員やってたので旅行の時は社員価格で宿泊(時々無料)出来るのもあってプリンスホテルばっかだったんですが、違うホテルに泊まってみたいなとの彼女の要望でオークラにしたんですが… 
プリンスのエグゼクティブルーム<<オークラの一般ツインな印象受けました、オークラ良い!!風呂が広い!!
田舎者にも受け入れやすい範囲の高級感ですね、プリンスはお堅いイメージあって庶民の俺には結構落ち着かなかったりしてましたからね。


荷物を置いた後、京都観光に繰り出しますが中々彼女と意見があわずに喧嘩w 
とりあえず定番の清水寺へ行く事にしました、京都駅で一日乗車券500円を購入してたんですけど、、、京都バス種類多すぎてわかんね;−;

北野天満宮行った時だったかな?
赤いバスに乗ったんだけど、運転手さんが「どなたか5千円札を両替出来る方ご協力をお願いします」とマイクで呼びかけてまして見てみると両替機の所に泣きそうな顔した綺麗なねーちゃんが立ってました。
サイフ見ると千円札一杯あったんで「崩れますよー」と言うとそのねーちゃんが走ってきまして交換してあげましてその人下車、ここまでは普通によくある話なんだけど、北野天満宮に到着していざ降りる時一日乗車券を入れてもベロッと吐き出しやがる!!
何度入れても戻ってくる?−? すると運転手さんが「これうちの会社のバスには使えないんですよ(苦笑」
俺「えw そうなんですか?じゃあお金で」と札を両替しようとすると運転手さん「いや良いですよ、先ほどご協力して頂いたので」
ワーイ^−^ と思ってたら続いて彼女も降りてきます…
彼女「良い事するとやっぱ返ってくるんだねー、感動したw」
俺「いや、普通にお前は払わないとイカンだろう?w」
彼女「え? やっぱり?アハハ」
俺「…」

つーわけで北野天満宮へ、はっきり言って天満宮ならこっちの地元は本家本場の大宰府天満宮が有るので見るべき物あるんかいなと思ってたら特別キャンペーンか何かで宝物殿が有料公開されてるそうで… もちろん見に行きます。

写真取るのは禁止されてたんですけどお宝の山ですね^−^;
一番嬉しかったのは名刀「童子切安綱」はい、通称鬼切丸です。

ここにあったのね、大江山の酒天童子を酒に酔わせて源頼光が
その首を刎ねたと言う一品で足利家>>斯波家>>出羽最上家に伝わって行ってここに奉納されてたらしいです。
平安期の刀剣の特徴そのままのシミターっぽい反りが素敵でした刃紋はやや浅かったかな、とにかく感動しました。

次の日は朝6時に叩き起こされ前日ホテル内のショットバーで深酒やったのもあり死にました…
豪勢過ぎるモーニングもほとんど喉を通らず17階からの眺めを見ながらコーヒー啜ってましたorz

2日目は金閣寺行って、高台寺(彼女案)太秦映画村(俺案)だったんですが勝ちましたw

金閣寺を早々に切り上げてイザ映画村へ
昼食とったりしながら手裏剣投げや弓打ったりしながら奥に進むと「最凶のお化け屋敷」なる物を発見!!

嫌がる彼女を問答無用で連れて行き列に並ぶ俺w
時々彼女から「あたし… あっちで待ってる…」
「いやー!! 帰る!!」「気絶するかも?−?」
等の苦情を訴えられますがスルーして入って行きます。
まあ、大抵のお化け屋敷は行きましたが、音と光で脅かすだけでちーっとも怖くはありませんでしたが……… ここはね…

舞台は大量殺戮直後の農村みたいな感じ… 農家の土間みたいな所に血まみれの死体が散乱してます… 
効果音やおどろおどろした光など無くても普通に吐き気がします
んで時々その死体が映画村の役者さんがやってるのか動くんです
ピクッって感じで;−;

ふすま開けたり、開き戸押したりしながら先に進んで行くと突然真っ暗な部屋に出ました… するとロウソクに明かりがともり周りを見ると…一面血まみれの部屋!!
絶叫しながら俺を置いて走り出す彼女!!
その形相と声に驚いて逆走しだして「はい逆ですよ、矢印に従ってくださ〜い」と館内放送される俺;−;

改めて血まみれの部屋に戻ると前から彼女が絶叫しながら俺目掛けて走ってきます、、、、その後ろを見ると何かに追われてました!!俺「ありえない…:−:」

そんなこんなで15分ほどの怖いと言うより吐き気がする様なお化け屋敷を出ましたが、外のベンチでは彼女が号泣^−^;
通行人がみんな笑ってますが俺はなだめるのに必死ですw
まあ、意外に可愛い一面もあるんだなとw

中々機嫌が直ってくれずに大往生しかけましたがね…;−;

映画村からホテルに帰るバスの中は超満員でとても降りたり乗ったり出来るスペースも無く30分ほどつり革にぶら下がり揺られてました;−;だからタクシーで帰ろうと言ったのに…

そうそうw、ギューギュー状態の時にOL風の女の人が俺を一瞬睨み付けた感じだったんですよ。
その女の人の腰あたり見てみると何やら不自然な角度から誰かの手が伸びてます^−^;

右手は釣り皮つかんでましたんで、彼女の肩に回して塞がってる手のひらを軽く開いてみるとそのOLさんハッ!!とした感じで俺にお辞儀をなさいました、はい、やっぱ痴漢と疑われてたみたいですw

見てみるとその美人OLさんの腰にまだ緑色の袖の手が伸びてたんで少しだけ小声でそのOLさんに向かって「大丈夫か?○○」
と俺の彼女の名前を読んでみますとその手がススッっと引っ込んで行きましたw
OL風のおねーさんもピンと来たみたいで「大丈夫、有難う」と返してくれました。w

京都市役所前でバスを降りるとその人も降りてきて「ごめんなさい、さっきは有難う」と、もうね京都弁萌え〜〜〜w

1人わけが解からずにキョトンとした顔で「今の人知ってる人?」などと何もしらず幸せな人の手を引っ張りながらホテルに帰着^−^

風呂入っていよいよ目的のオフ会へ



続オフ会編へ














posted by 殿下 at 08:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

旅行記でも…

はい、おはこんばんちは^−^
会議でコウさんからブログ更新率が悪いと怒られた数名の上杉民を笑った手前更新頑張らないとなw

って事でこないだのリアル旅行記でも  え?w 
そんなの良いから国勢の事書けと?w

まあ、ネタある時はそのネタ使わないとねーw

んで朝集合場所に行くとバスが来てました、俗に言うサロンバス(サロンパスじゃないぞ)と言う奴で後部座席は全部ソファーになってて対面式です、思ってたより快適な旅になりそうな予感w

予想通り朝から飲みっぱなしです^−^; 全国区の有名な会社の接待旅行だけあってガイドさんが若い&美人…
それに9名の男性陣に対して6名のコンパニオンさん付き…豪華や…

初日の黒川温泉は毎年行ってるから割愛wけど良い所ですよほとんど全部の宿が混浴ですしね ウヒヒw

んで一番の見所だった大分県の新観光名所「夢大つり橋」
まあとんでもない人人人… ガイトさん今年来るの7回目だそうですが今回初めて渡る事が出来たほどの混雑ぶり。
今年度中には採算ベースを通り越して元が取れそうなほどの収益があがってるそうで。

この橋、全長390M 高さ137Mの日本一のつり橋なのですが正直舐めてました^−^; 鉄筋で作った橋のどこが怖いんだ
くらいの調子だったんですよ最初はね…

なんせ下は川が流れてまして正面は大滝、床は金網張りで137M下の谷底が丸見えでとても下見て歩くなんて芸当出来ませんw

10Mほど進んでみるとめっさ揺れます^−^; 周りを見渡すと全員笑いながら絶叫!!「うわ 怖ええええよおおおおw」

真ん中に差し掛かるにつれ話し声が聞こえなくなります、周りを見渡すと全員顔が引きつってます…子供達は泣き出し、彼女は彼氏にしがみ付き、彼氏は橋の中央を歩きながらも手すりに片手を伸ばしへっぴり腰で恐る恐る徐行… どこを見てもそんな感じw

手すりも2本あるんですが下は40CMくらいの高さ、上の手すりもせいぜい俺の乳首くらいの高さですw 普通に下の手すりの間から橋から転落できますね。

もちろん橋の下に転落防止の網など一切ありませんw

真ん中あたりに来ると思わず誰かわざと揺らしてるんじゃないかと疑いたくなる様な猛烈な揺れです、すると自殺があった当日に来てたとか言うオッサンが俺の前歩いてましてね大声で言うんですよ…
「ここ!ここ!! ここから飛びよったんよ 自殺した人!!」
「もうね、下見ても人が米粒にしか見えんかったよ アハハw」

もうね、走り出したくなる衝動抑えるのに一杯一杯でしたよ;−;

つかあの高さから飛び降りる勇気あれば何でも出来るんじゃないかな?^−^;

まあ、そんな感じで実際に見ると面食らうようなつり橋ですw
通行券が往復で500円なんですけど、これ片道渡ってもう片道戻る勇気無い人の為に渡った先にシャトルバスも用意されてましたw 別料金で200円と言う商売上手です。

生で見て、実際に渡って見るとヘタなジェットコースターより痺れる事請け合いです、皆さんも大分県に行かれる事があったらぜひ一度お試しくださいw 
一度渡れば二度と行く気はしませんけど、帰ってきて彼女に話たら行きたい行きたいせがまれまして… そのうちまた行くハメになりそうです;−;

なお、混浴は黒川より湯布院の方が若い人多いですね フヒヒw 
特に湯布院は韓国人旅行者が多い多い!! 
しかも韓国人、なんか日本の温泉の風習が間違って伝わってるのか男も女も隠しもせずに堂々と露天風呂に入ってきますね^−^; 

俺と後輩2人で露天に入ってると、見るからに20歳そこそこな
女の子4人がタオルで下だけ隠して笑顔で「アニョハ…」即ドボンですよ奥さん?−? 

もうねすぐ愛想笑い返して脱兎しましたよwww はい、流石の俺もあれには参りました勿体無いけど基本的に韓国人中国人は嫌いだかんね俺w

posted by 殿下 at 23:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

信onユーザー自身の手による国勢リセット

はい、おはこんばんちは^−^  
断っておくけどちっと長いよん

今日は知行だけやってログアウト 明日の夜から二泊三日で黒川&湯布院温泉旅行に行くのでその準備〜〜〜

もちろん例の日本一のつり橋にも行く予定です(さっそく飛び降り自殺があったそうで九州の新しい自殺の名所になる悪寒が…)

んで、数名の方からリンク申し込まれてたので実行しようと思い、その一人当家の評定衆の一員にして外交使者のスペシャリストでもあるロマネスク氏のブログを見て見ると… 面白い事が書かれてましたw 

情報元は2chらしいんですけど、実は俺もブリジットさんや数名の方と国勢リセットの話は議論した事あるんですよね。

上杉家の方は承知の事と思いますが、当家が3番目にC7軍事同盟に加入するかどうかの投票を実施した時に出た意見

「斉藤家武田家と言う大国同士の同盟を含む旧3国同盟+斉藤雑賀同盟が群雄にもたらす影響、何処の国も滅びない国が取れない馬鹿馬鹿しい膠着状態を作りだす為にこちらも徳川議長の呼びかけた多国籍同盟に参加する」
こう決まったんですよねー 当初は、覚えてる人多いと思うけどw

そもそも徳川議長のC7参加の呼びかけ自体「斉藤武田同盟に各個撃破される脅威を防ぐ為に小国同士が団結する必要がある」
これがC7の存在理由だったんですよね

2chでそういう不満や話題が出てるってのは良い傾向だと思うんだが個人的にはね、まあ斉藤武田同盟って誰が言い出したのか知らないけど予測出来てたはずだと思うねw こうなる事は。


まあ、そんなのはどうでも良いんだけどここで本題!
ロマさんが色々書いてるけどそんなに難しい話では無いんですよね実際には
同盟敵対を含む全てをリセット 全外交関係を白紙、そこまでやるから無理が生じて誰も行動を起こそうと考えなくなる。

コーエーは外交仕様変えてくれようとせずただ延命を計って課金継続させてるこのゲーム…まさに思う壺
コーエーが動かないんなら我々ユーザーの手で新たにルールを作って我々ユーザーの手で国勢リセット!! 

俺の独断と偏見によってたった今考えたルールの一例なんだけど

1、現在同盟関係にある国とは同盟してはならない、他の国から選択する。
2、遠隔地の国との仮想敵対は不可、敵対は隣接国のみと可能。

この2点だけで十分面白い群雄情勢になるはず、まあ2は各国の良心に頼る以外に無いですがw

人間ってのは恩や友情は必要に迫られれば捨てられますが、遺恨は捨てがたいんですよ;−;

だから今までの同盟関係は捨てられても今までの敵対憎しみ関係までは捨てられないんですよね。

けど、この今までの信頼関係友情関係を全て捨てても良いから群雄を、信onを面白くしたい!! こう思えるユーザーがかなりの数に上りなおかつ口先だけでなく実際に票を入れて動く勇気を持たない事には始まらない。

一例を挙げると、交渉の結果上杉今川同盟が成立したとするもちろん今川家は新同盟国がどこであれ徳川家と決着を付けることを選択するだろうし今川国民の感情を考慮すれば当然の事、当家も同盟を結んだとしたら今までの盟友、言葉では語れない思い出がある昨日までお互い背中合わせで戦ってきた徳川家を相手に戦う義務が発生する。
逆もまたしかり、当家の悲願である上野奪還の為に北条家へ攻め込むと今川家の方々は今までの友人に刃を向ける義務が生じる。

今の現状では滅亡なんて考えられないくらい安定してる国がこの取り決めをやった途端に滅亡する危険もある、それは我が上杉家ですら例外ではない。

要するにだ、そのリスクを考えた上でこのつまらない群雄を変えたい!!
国取りゲーム本来の熱い戦いがやりたい、滅亡も覚悟の上だ!! 
そう思えるかどうかの問題なんよね、半端な覚悟なら諦めてこのつまらない群雄で遊ぶか引退して他のゲームやるしかない。
どんなに愚痴っても罵っても協定が解散しないかぎりC7も解散せず存命と仮想を繰り返すだけ。逆も同じ

どうせ出来っこ無いと思えばそれまででしょうけどね けどC7やら7カ国協定やらも1年前までは出来っこ無いと思ってたよ俺はねw

最大の問題は誰が呼びかけるのか? 誰に、どのように呼びかけるのか?
各国会議で真剣に議論してもらう為に誰が説得するのか?
ぱっと思いつく限りでは群雄の特殊事情として2系統の雑誌記者様方の存在だろうけど凄攻は斉藤家 電撃は今川家と周知の事となってる現状ではこちらのC7サイドは聞く耳持たないんじゃないかな?^−^;
せめて中立の立場だったらね どっちかが。

これが最大のネックですね 要するに実行者というか最初に立ち上がるべき中心人物が問題なんですねw 誰かが立てば後に続く人が出てくる。
これはうちの評定衆も同じでしたよね、誰か一人がやると言い出せば俺も俺もと続いてくれる。

所詮、アクションを起こさなければ何も変わらないし、妄想の粋を出ないからね 個人ブログにしろ2chにしろね。

とまあ、色々書きましたけどあくまでロマネスクさんへの返事のつもりの冗談半分の戯言なので聞き流してくださいなw


posted by 殿下 at 23:19| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。